身近な解毒食材「たまねぎ」

急激に寒くなってきましたが、皆様おかわりないですが?
私はというと、食育勉強も終盤をむかえ、今は薬膳師資格取得にむけ、勉強しております。

日々の慌ただしさの中で、早朝スタディタイムを活用しておりますが
今は五時でも暗いです::
しかし、リズムは変えずに朝のスッキリした頭で頑張りたいと思ってます。

今日は身近な優秀な食材「たまねぎ」にスポットを当ててご紹介します。

玉ねぎは年中手に入り、しかも安価でいろんな料理につかる優れもの。
人間の自然治癒力を引出し、抗酸化力を高めてくれます。
特に茶色の革には白い部分の20倍ともいわれるケルセチンという成分が脂肪から排出されて毒を捕えて、体外に排出をするという働きが!
素晴らしいですね^^
ただし、無農薬野菜でない場合は農薬をよく洗いながさないといけません。
できれば無農薬野菜の皮が安心ですね。
お茶にして飲むのもいいし、その茶色液をベースにコンソメなどでスープにしてもおいしい!
色々アレンジしてみてください。

そのほかの玉ねぎの効用は以下の通り
①減塩効果がある(うまみ、コクが加わるため)
②どんな料理でもOK
③楽に長く続けられる
④甘いので砂糖も少なくてOK

最近話題のたまねぎ氷など、あらかじめ玉ねぎをみじん切りにして、熱を加え氷でストックしておくと
調理時間の短縮にもなり、手軽にインスタントスープにも活用できます!

このほかにも
酢+たまねぎで血管年齢も若返る!とか

疲労回復
糖尿病
高血圧 心筋梗塞、動脈硬化、胃弱、便秘、痛風、などなど
嬉しい効果も色々!

これからの季節風邪予防にも玉ねぎ習慣おすすめです!